Your browser does not support JavaScript!

バルセロナ随一のタブラオ フラメンコ

バルセロナ タブラオ フラメンコ「コルドベス」は、フラメンコ界では名の知れたアルティスタ一家が経営する他に例のないタブラオです。1970年の設立以来、バルセロナ タブラオ フラメンコ「コルドベス」は、由緒正しいタブラオの面影を守り続けています。

タブラオとは?



タブラオはかつて、カフェ・カンタンテとして19世紀スペインの主要都市に出現、バルセロナでは、La Rambla地区、El Paralelo地区、Sant Pau地区のカフェがフラメンコの「黄金の三角」と呼ばれました。バルセロナ タブラオ フラメンコ「コルドベス」は、バルセロナでは「ランブラス通りのタブラオ」として知られており、この都市の歴史の一部として伝統を守り続ける要所でもあります。

フラメンコは、誰もが持っている感覚を通わせ合う行為であり、タブラオを表わす要素は、親密さ、暖かみ、近しさなどではないでしょうか。これらの要素により、観客はこの文化に深く浸って行きます。タブラオとは、その場所に続く入り口となる「窓」の様な存在なのです。

タブラオは親密な仲間が集い、フラメンコの真の姿が解き放たれる場です。じかに体に飛び込んでくる音楽、どこまでも続く即興、観客との一体感、マイクを使わない生の音など、全てにおいて大きな会場では得られない環境です。

親密で情のこもった自然なフラメンコの魅力を花開かせるためには、いくつかの条件が整った特別な環境が必要となります。

• 会場の観客数は最大180人。フラメンコの起源である家族的な祭りやパーティーなどの形式をまねたものであるため。この環境なら、アカデミーで学ぶ事のできない、フラメンコに欠かす事のできない重要な部分を感じてもらうことができます。質素な籐の椅子や小さなテーブルなども、雰囲気や精神を味わってもらうための大切なセッティングの一部です。

• ドーム型の天井は洞窟を表現しており、フラメンコの特徴ある音を、マイクや音響装置をとおしていないクリアな状態で心地よく観客の耳に届けます。

• 続いていくアルティスタの演奏、即興、「ドゥエンデ」の不思議など、振り付けだけではないタブラオならではの魅力があります。場の流れの中で最もインスピレーションの高まるポイントは「ドゥエンデ」と呼ばれます。アルティスタ達はその瞬間を共有し、本能に従って語らい合うように吸収し創り出します。誰に教えられる事も無く、家族であるからこそ学び取れるものです。このように、タブラオでしか味わえない魔法も魅力ですが、新世代のアルティスタ達の素晴らしい技巧もお楽しみください。

46年を超える経験と、6百万人を超えるショーへの観客動員数を誇るタブラオ フラメンコ「コルドベス」は、優秀なアルティスタ達の集う拠点であり、国際的な活躍を目指すアルティスタの登竜門でもあります。

1970年から、町の中心であり、歴史的にも様々な劇場やクラブが点在したこのランブラス通りにあるタブラオ フラメンコ「コルドベス」には常に時代の先端を行くアルティスタが在籍しています。伝説のスターCamarónやFarrucoなどもこの歴史的な舞台で演じています。他にも、Chocolate、Fernarda & Bernarda、Terremotoなど多数のアーティスト達も出演しました。

出演者数の多さもタブラオ フラメンコ「コルドベス」の誇りです。これまでに、著名なスターから才能あふれる若手アルティスタまで、ほとんどのフラメンコのスター達が当店を訪れてくれました。Israel Galván、La Yerbabuena、Miguel Poveda、Pastora Galván、El Farru、José Maya、Olga Pericet、Marco Floresなど、挙げれば切りがありません。

いつ来ていただいても、実力あるアルティスタのショーをご覧にいれます。それが当店のお約束です。

flamenco-barcelona
タブラオの歴史

タブラオフラメンコは、19世紀のカフェCantantesの相続人は、この芸術の歴史の中で配慮と尊敬の場所を占めています。

flamenco-barcelona
私たちに関しては?

歴史の46年は、ルイスとアイリーンのコミットメントは、フラメンコの正直で、本物の領域を作成するために同様の闘争に続けています。

flamenco-barcelona
予約

スケジュール私たちのサービス